テンションの低い妊娠手記

3年の不妊から突然38歳で自然妊娠というケースの備忘録。

22w2D

未だ胎動がなく、死んでいやしないか、と思いながら、検診へ。

ランニング、サウナ、海外旅行、海水浴、週6で重労働、標高の高い山、うっかり生ハムやマグロ食べる、中本の北極、飲酒などなど挙げたらキリがないくらい禁忌を犯していたので

もしかして…という思いもあり。

まあでも、腹が痛いわけでも、出血したわけでもなく、体調は良いんだが胎動だけがない。

 

結果、生きてたしとくに羊水の量が少ないわけでも、成長が遅れてるわけでもなく

問題ないとのことでほっと一安心。

1%はこの先も死産の可能性あり、とのことで気は抜けないけど

考えてもしょうがないし、産まれてすぐ突然死する場合もあるんだし

可能性ばかり数えてびくびくしてても仕方ないよね。

 

弥勒菩薩みたいなポーズでととのっていたので、でーんと構えているのだろう、

と自分を納得させる。

妊娠中のハワイ島旅行

f:id:montara:20161027125422j:plain

保険はAIUが22週未満の妊娠関係の医療費保障とのことで、21週の

タイミングで保険に入ったうえでハワイ島旅行を決行した。

 

飛行機に乗ると、腹が張りやすいので、空腹で乗れ、などとアドバイスされ、

恐る恐るの旅程であったが、行きも帰りも何も問題なし。

人によっては、旅の終わりに高熱を出した、ような知人、ネットのレビューなども

散見したので、用心はしていたのだが、旅の終わりは特に無理をしないよう気をつけていた

のもあってか、体調不良になることもなかった。

 

ハワイでの体調を良好に保つために、滞在前はランニングで体力維持を心がけ

妊娠前の8割くらいのタイムで走れていたので、かなり健康な妊婦のケースと言えるため

万人に、大丈夫!行っておいで!とは言えないな…

じっさい、健康な自分でも、妙に腹がでかくなったような気がして、不安になったし

毎日それなりに不安を抱え、やりたいことを我慢したりしていたので

そういうのが嫌な人は行かないに越したことはないと思う。

 

妊娠中禁忌と思われる活動内容:

・ワイピオ渓谷、4WDでかなりの悪路を浜辺までドライブ。

衝撃はあったが、歩くよりはまし、しかしこのあとのオニヅカで妙に腹が出てきたのは

疲れのせいか。単に食べ過ぎのせいかもしれない…

 

・マウナケアのオニヅカビジターセンターまでドライブ。

オニヅカに近づく前にワイメアに寄ったあたりから、腹がどうも重いような気がして

オニヅカ手前で着替えたら2日前に普通に履けたパンツが何だか苦しい。

とくべつ腹が痛い、とか出血等はなかったが、何だか不気味なのですぐ下山。

高山病に関しては十分調べて、2600mそこそこの数時間滞在なら問題なし、

念のため山頂まではやめておこうという判断だった。

なぜ高所がだめかっていうと、酸欠気味になると、胎児に悪影響だからとのことで

深い呼吸を心がけていたのだが、用心する気持ちから、自分の体調に過剰反応した結果の

決断であった。

 

カラパナからの溶岩オーシャンエントリーを往復16km、砂利道をMTBを借りてドライブ。

f:id:montara:20161029131459j:plain

ゆっくり写真撮ってたので、トータル3時間かかった計算。

これまた結構な衝撃と疲労感。元気な人は良いが、転倒の恐れもあるし、街灯なんか

当然ないので、ほとんど道なんか夜は見えないし危ないのでおすすめはできない。

徒歩で、ベビーカーを押して歩いてポイントに向かう欧米人のお母さんを見かけたが、

赤子もけっこうな悪路のなか、衝撃で気の毒なことだ。親子ともども涼しい顔してたけど。

 

・シュノーケル

妊婦は海に入ってはいけない、とネットでは言われているが、理由は細菌がいるから

とか、体が冷えるから、とかなんだかぼんやりした納得いかない理由しか見当たらなかったので、シュノーケルは決行。

ダイビングは、酸欠のリスクがあるので、危険と判断し、やるつもりはなかった。

事前の準備運動で足つりを防止し、深い呼吸と、泳ぎすぎて疲れないよう心がける。前回、サンゴで手を切ったので、手袋とビーチシューズを用意、冷え防止にラッシュガードの上だけ着用。トレンカも用意していたけど、もじもじ君(しかも出っ腹)みたいな見た目になり、悪目立ちしそうなので断念。上だけラッシュガードの人はたくさんいました。

30分近く泳いだけど、すぐホテルに帰ってシャワーを浴びて暖まり体も念入りに洗ったので何も問題なし(のはず)。

ホテルすぐ近くのカハルウビーチパークに行ったが、カメとも一緒に泳げたし、日本人はほとんど見かけず、

腹が出てるのも気にならなかった。欧米人のおばさんたちも、ぼよよんとした体型なので、とくに目立たなかった。

観光客も少なく、そのわりにけっこうな数の魚影で、60cmくらいのでかいやつもいた。

干潮時に行けば遠くまで行っても足はつくし、波も弱いし、透明度もまずまずで、泳ぎやすい。ストレス少なく大変よい

ビーチであった。監視員も水シャワーもあり。着替え所まではなかったかも。

ごつい岩場なので、シュノーケル目当てか磯遊びの人むけ。

慎重に準備し、要所要所無理しないように心がければ問題なし、と思うが

リスクは多々あるので、運動神経、体調に自信がない場合はやめた方が良い。

 

ジャガーミュージアムから見たハレマウマウ火口の溶岩サンセット。

ここもゆっくり写真を撮っているとかなり冷えるので、手袋とか暖かい服装(晩秋〜冬くらい)推奨。

f:id:montara:20161028130433j:plain

 

 

18w5d

17週以降、頭痛で寝込むことがなくなった。

仕事が忙しくて寝込めないのもあったけど、これが、つわりが抜けたということか?

頭痛が来そうなときに、長谷川智さんの骨ナビの動画で、肩こり体操をしたら

けっこう効いた。手先から順にほぐしていくのと、肩回しがいいようだ。

マイナートラブルはほぼ毎日何かしらあるが、だいぶましになったような。

腰痛の兆しを感じる、とか、口内炎がずっと治らない、とか、風邪ひいた等。

このままなら、なんとか6ヶ月でハワイに行けそうだ。

 

 

 

 

www.youtube.com

13w1d FMCクリニックでの胎児ドック

NTを測れる免許があるそうで、日本ではまだその免許を持っている先生が

少ないんだとかで、当然かかりつけの先生は持ってないと思われ、

念のため専門医の胎児ドックを受けることに。

予約を取ったのは9週半ば。まだこの検査、できる病院が少なくて

混み合っているという噂のわりには、平日の予約でもOKだったからか

難なく予約は取れた。予約希望のメールを送ってから、3日4日待たされたけど。

メール対応が追っ付かないくらい人気らしい。

NTは2mm、鼻骨もあり、ダウン症の可能性は年齢的には1/300だけど

エコーと血清マーカーによる総合判断で1/6000以下まで下がったので

まあ大丈夫だろうという判断。

どこでも変わらんだろ、と最初に検索にひっかかった病院でやってもらったけど

当たった先生がたまたま、インタビュー記事を読んで好感を持っていた先生だったので

よかった。

8万近くかかったけど、精神的にだいぶ楽になったのでまあよし。

我が子ながら端正な横顔だったのでわたし似のイケメンに育つとよいな。

自己愛が激しすぎて旦那にあまり似なくていいやと思っている。

 

性別は、ぴんと立った何やら写っていて、9割方男だろうと。

ネットでやった中国の産み分けサイトでは、どうやって計算しても女だし

排卵日2日と4日前の淡白なタイミングだったので、まあ女だろうなと思ってたので

想定外で動揺した。(排卵日当日付近でなおかつ満足度が高い性交がとれてれば男が

産まれやすいって聞いてたのに…!)

ネットで聞きかじった知識は当てにならんな。

 

気をよくして、伊勢丹に寄りlimiで臨月まで着られそうなシルエット大きめの服を購入。

これ着て妊婦って気付かれないように臨月まで働いて、しれっと復帰する予定でいる、、

けどまあ、どこまでやれるか、やってみないと分からないね。

「おひとりさま出産」を読んで、おお、ここまでやれるのか…と勇気を得て

体が動く限りは働こうと決心して、士気をあげるために仕事着を新調したのであった。

 

予想どおり、おひとりさま出産のamazonのレビューは荒れていた。何か一言もの申したい、ネット小姑の人々っていったいどういう属性なんだろう。一人で頑張って、年金もちゃんと納めて

生活保護にもならないで踏ん張っている人に何でここまでひどいことを言えるのか。

自分が苦労して納めてる税金を、怠けた奴、身勝手な奴に使われたくないっていう論理

よく言われるけど、色んな立場の人を認められない社会って窮屈でいやだ。

今、強者の立場にいる人だって、事故や病気、リストラ等で

立場が転落する可能性があって、そのための社会保障なのに、自己責任を強要する人たちは

自分の首も締めていることに気付いていないのだろうか。

まあ、景気も悪くなって、皆余裕がなくって、良い思いしてる人が

許せないんだろうな。

不器用な人も、世間の枠からはみでてしまった人も、皆が生きやすくなる社会になると

よいなと切に願い、七尾さんに陰ながらエールを送った。

 

 

 

 

 

12w6d

11週後半〜12週は4日連続で仕事、長野に出張も行った。

カメラマンって何週まで仕事できんのかね。

行きの新幹線では頭痛で白目むいてたんだけど、目的地に着いたら

しゃきっとして普段どおり仕事できた。その後もいつもと変わりなく任務遂行。

プロ意識すげーな、と我ながらあきれる。

ワイナリーの取材だったので、さすがに誘惑に負けてちょっと味見したけど

赤か白かの違いくらいは分かるし普通に美味しいという感じで

舌がバカになっているせいかよく分からない。

何を食べても大体美味しいって思うんだけど、寿司でもサバとブリの区別がつかないくらいに舌がバカ。そのかわりに、腐ってる系はすぐ分かるんだけど。

まあ、何でも美味しく食べて、腐ってるものは食べないっていうのは生物としては

正しいような気もする、謎の進化。

とりあえず、今、食レポ系の仕事は無理だな、書く仕事じゃないからいいけど。

 

その後は3日くらいひまで、ひまになると頭や肩が痛くなって寝込む。

その間、フェスにも一人で行った。くっそ頭いたいな、とぼやきながら…アホか。

スチャダラと電気で感激?のあまり泣きそうになって、

平常時にはありえない精神状態だったから

やはり妊娠中って情緒がちょっとおかしいのかも。

このシチュエーションで泣いてる状況はかなり誰にも見られたくないので

知人に会わなくてよかった…

 

つわり、ないと思っていたんだけど頭痛と肩こりがひどくって

例えるならば酒のみすぎて、体が冷えてバリバリになって頭が重い日みたいな。

これっていちおうつわりなのかね、普段から体調不良気味だから

いちいちつわりって思ってなかったけどなんか最近頻度が高い。

そろそろつわりって終わる時期だよね…?

 

12週はじめ頃から急に腹が目立ちはじめた。

こんな早く腹が出るものなのか、或いは単に太ったのかよくわからない。

12週に入ってからはランニングも解禁したので頭痛軽減を期待。

 

9w3d

第一回目の妊婦検診。補助券使って17000円。

全長23mmくらいになってて、とりあえず頭と手足はあった。あと何か尻尾みたいのも。

食っちゃ寝してるだけなのに、ちゃんと人の形になっててすごいな。

 

左卵巣のチョコレート嚢胞が妊娠前に2cm→7週で7cm→9週で4.5cmの経過。

妊娠すると一時的に大きくなり、その後小さくなっていくのが一般的らしい。

大きくなった場合は破裂することもあるので手術になるんだそうで

このままなら大丈夫かな。

わたしの担当医、嚢胞の件は聞かないと忘れてて教えてくれないくらいで

ちゃんとエコー見てんのか心配だし、NTも診てくれるそうだけど

この人に頼りきるのは心配。

NTもちゃんと診れる免許がある先生に診てもらいたいので

セカンドオピニオンを聞きに

胎児ドックのついでに嚢胞も診てもらおうと思う。

 

9週半ば以降、頭痛がひどく丸2日寝ていても治らない。

日頃から頭痛持ちなので、気づかなかったけど

いちおうつわりの症状っぽい。

 

酒はほぼ一滴も飲んでない。ワイングラス1杯程度ならいいという認識でいるが

そこまで酒飲みじゃないし、べつにヨユー。

こないだ高級メロンを赤道切りして、お尻側の甘いほうを一人で食べたときは

ポルト酒を注ぎたくて仕方なかったがね。

あとは神田の味坊で、常連の勝山さん(大好きなションズイのオーナーさん)が揃えているらしい、気の利いたビオワインの数々を見たときにはさすがにちょっと味見したが

気が小さいので、大丈夫と分かってても心配で、味がしなかった。

酔うことはあまり好きじゃないが、フレンチなどはワインがあると

さらに美味しくなるので、味をたのしむ目的で酒がのめないのは、ちょっとつらいね。

 

 

9w2d

今日は葉山にウミウシ観察へ。

前のめりに8時台に葉山に着いたら、満潮でとても恐ろしくて泳げる雰囲気ではなかった。

時間をつぶすために鎌倉八幡宮を散歩して、jsなんちゃらいうハンバーガー屋で

朝食とって、干潮を待つ。

波が高すぎて、しかも妊娠のせいか足がちょっとつりかけて

恐ろしくなってすぐあがった。

身体能力は高いほうなので、ちょっと過信していたな。

ウミウシは居なかったが

魚がなぜか良く慣れていて、足をつんつん突かれて嬉しいやら痛いやら。

普段から泳いでいる人はいいけど、私みたいにたまにしか泳がない人間には

監視員がいないような場所での妊娠中の水泳はおすすめできない。

波の高さも干潮すら確認しないで行くレベルの素人が手を出してはいけない分野だった。

(まあ、磯で泳ぐ趣味の人なんてそうそういないか…)

 

普段からキツめの登山とか監視員がいないような荒磯での泳ぎとか

スリルを求めるタイプの自分ら夫婦には、つまらない休日が続くなあ。

ホテルのプールでちゃぷちゃぷやっても面白くも何ともない人種なので

(だってあそこでくつろぐなんて酒でもないと間がもたなくね?腹も若干出て

体型も見られたくないし…)

おとなしくゴジラの映画でも観てるくらいしかやることがねえなあ。

毎年酷寒の穂高山に行くのを楽しみにしているが、その頃自分は7ヶ月。

さすがに止められるだろうな…