テンションの低い妊娠手記

3年の不妊から突然38歳で自然妊娠というケースの備忘録。

産後 5ヶ月と1日

無事生まれ、初産ということで色々訳が分からず大変だったので

結局こんなに日記はブランクが空いてしまった。

 

いそいそと精油やら会陰マッサージオイルやら買い込んだにも関わらず

結局逆子は治らず、帝王切開、、!!

せっかく完全無痛の病院をはやばやに予約していたのに、出産は

計画通り、思い通りにはいかないもんだね。

 

外回転も泊まりで朝晩と2回試みたけど、回らず。

(衛生病院は麻酔をかける施術ではなかったのでマイルドめの施術だったのかもしれない。

麻酔なしでも大して痛くなかったし。

痛いっちゃ痛いけどお腹をごりごり回されたらそりゃ痛いだろ、レベル)

まあでも結果的に、腹にキズは残ったけど、うまい先生に当たったみたいで

細く残った程度だったし、無痛分娩を売りにしているからか、帝王切開も硬膜外麻酔を

2日めくらいまで効かせてくれて、ペインコントロールはさすがにしっかりしてて

ある意味究極の無痛分娩だった。

術後は癒着防止だかのために、トイレまで歩かされるんだけど、ヨロヨロながら歩けたし

授乳も2日目から始めたし、逆子以外は何も健康上問題なかった、というより

運動しすぎで逆子が治らなかったくらい元気だったので、術後は順調。

 

食事は卵乳菜食だったが、まずかったなー、、でも

自分が異常に食事の味にクオリティを求めるタイプだから、世間的にはマシなレベル

なんだろうか。しかし給食みたいな味のパンとか、バターなしで食べるのは

本当にキツかった。病院食に給食以上の味を求めても仕方ないんだろうかね、

それなりに入院金額高めなんだから、もうちょっと何とかならんのか。

最後の方は、キツすぎて病院を脱走して、ラーメン食べに行ったりしていた。

まあでも食事の不満足は承知の上で衛生病院を選んだので、気にしない。

それより痛くないほうが大事なので!

看護婦さんも優しかったし、先生も不安になるくらいあっさりしてたけど結果的には

腕が良くていい先生だったし。

 

産前に用意していた精油などは結局効いたんだか何なんだかよくわからんが

ラズベリーリーフテイーは美味しかったし、乳の出は最初から良かったが

これがお茶の効果なのか何なんだか。

結局代替療法の効果はよくわからない、の一言である。

とりあえず、お茶でも鍼灸でも冷えとり靴下でも逆子体操でも外回転術でも

逆子は治らなかった。まあ4%は逆子のままっていうと

25人に一人は逆子ってことでしょう、わりと確率高い異常なわけで

まあ仕方ないかなとほどほどの所で諦めるのが

お財布にも精神衛生にも良い、と思いました。

今となってはなぜあんなに下から産みたがっていたのか分からん。ぎりぎりまで

三点倒立とか、やってたからな。

逆子ビジネスに洗脳されていたのかね。

 

逆子で産まれた我が子は、いたって健康で情緒も安定してて、今の所

夜泣きも黄昏れ泣きもなく、機嫌の良い子である。

強いて言えばだいぶよく動くし力も強いくらい。