テンションの低い妊娠手記

3年の不妊から突然38歳で自然妊娠というケースの備忘録。

母乳雑感

自分は36週から母乳的なものが分泌しはじめていて、産んだ直後から

80ccとか出ていたので、最初の1ヶ月は完全母乳だった。

ところがだんだん母乳が詰まりがちになって出が悪くなったのと、子の飲む量が増えたのとが重なり

ミルクを足す量が増えていき、おっぱいはカチカチで痛いのにたまりかねて

桶谷のマッサージに行った。

吉祥寺の桶谷式に通っていたんだけど、先生の腕はもちろん良くって、また食事指導も

非科学的なことはあまり言われず、わりとニュートラルな感じで相性が合った。

この手のマッサージではナチュラル脅し(体を冷やす食事、とか何とか色々あるよね)をかけられるに違いない、と覚悟してかかったものの、拍子抜けである。

食事で体を冷やすうんぬんは、人の体質もそれぞれなので、全員に当てはまるとは自分には思えない。母乳の出が悪いうえに詰まりやすいので、随分食事には気をつけたが

結局変なものを過食しないで、バランス良く栄養を摂っていれば良かったんじゃないかと思う。自分の場合は、ポテトチップ一気食いをやった翌日に子の乳児湿疹がひどいことになり、あわてて粗食にしたら治ったので、食べたものが子に影響が出ることもあった。

辛いものは普通に食べてたけど、おっぱいが辛くなるってことはなかったように思う。ニンニクを食べると体臭からして臭くなるので、当然乳にもニンニク臭がつくだろうと思って、ニンニクは控えていた。でも唐辛子を食べても汗が辛くなったりしないよね、辛いものは大丈夫だと思うし実際子も普通に飲んでた。まあ、中本の北極とかは、さすがに我慢してたけど。

詰まりはマッサージで取れた。その後もちょいちょい詰まったけど、子に吸わせればじきに治った。人によっては夫に吸わせて治す強者もいるようだが、うちの夫はすっかり乳に寄り付かなくなってしまって、とても頼めなかった。でも大人の吸引力はやはり赤子より強力なので、可能な人は夫に吸わせて治すのが良いと思う。

最初の3ヶ月は吸って吸って吸わせると聞いて、スパルタ式に夜中も1時間おきに吸わせて頑張ったんだけど、結局完全母乳にはならなかった。

吸わせれば母乳量は増えるの一点張りで、頑張ってもだめな人もいるんだよということは、あまり語られていないけど自分はだめだった… 

どうしてもダメな人もいるから、ほどほどで諦めたほうが子にも母にも幸せなこともあるよって誰かに教えてほしかったわ。

何なんだろう、この非効率的な努力礼賛主義って、日本の精神論的に子育てとか働き方とか各所で散見される悪しき習慣って感じがする。

 

母乳の出がいまいちな自分は色々悩んだので、完全母乳が美徳であるっていう

この日本の状況、何とかならんかなと思う。

産前は、ミルクでも母乳でも何でもいいじゃんって思ってたのに、

何なんだろう、自分はナチュラル志向でもないし大丈夫って思ってたんだけど、なんか洗脳されてたな。産後で脳がイカレてたのかな。

自分は4ヶ月から預け始めたのもあって、ミルク母乳半々って感じになったけど、6ヶ月現在、いちども風邪も感染症も経験していない。

保育園に入れた時も、哺乳瓶に慣れていたのでノートラブルだったし、混合育児も悪くないよ、と思う。めんどくさいけどな。

いまでも、母乳だけだと物足りなそうな顔で泣く我が子を見ると、完全母乳をうらやましく

思ってしまう。産む前はこんなことでこんなに悩むなんて、全然知らなかった。

産後2か月くらいはしょっちゅう乳がつまってガチガチになってて、乳首も吸われすぎてひりひり痛くて前かがみで歩いていた。今思うと、あの常に前かがみな姿勢も、産後うつ

引き起こす原因だったんじゃないかって思う。どうしてもネガティブな気分になっちゃうよね、前かがみだと。まあ、2ヶ月越えたら、突然乳首痛も消えたんだけど。

 

自分の悩みはおもに母乳だったけど、おむつかぶれやら、乳児湿疹やら、寝かしつけやら、色々知らないトラブルに見舞われ、最初の3ヶ月はたいへんだった。

最近はブラブラ出歩く余裕もでてきて、妊婦さんを見かけることもあるんだけど、がんばってね、と心の中でエールを送ってしまう。まあ、何も伝わってないんだろうけど、笑

こんなマインドになるとは産前は想像もしてなかったなあ。